2015.12.02寄生獣 ~生物(みんな)の未来を守るために…~

寄生獣 ~生物(みんな)の未来を守るために…~

こんにちは。
最近、お世話になっている療法家の女性から「寄生獣」というマンガを紹介され読み始めました。私はあまりマンガに興味はなく、熱心に読んだ記憶がほとんどありません。小さいころにメチャはまったマンガは唯一「デビルマン」。なぜデビルマンかはよく分かりませんが、テレビを見ながら「おれもデビルマンになりたい‼」って思っていました。
それはさて置き、この「寄生獣」面白い!!マンガ好きの人の、夢中になって朝まで読んじゃった!、というセリフが今までまったく理解できない私でしたが、その気持ちが少し分かるようになりました。(そこまで夢中にはなりませんが)
このマンガ、まだ3巻目に入ったところですが、とても引き込まれますね。すこし気味の悪い物語ですが、表現の旨さや創造性、ストーリーの背後にあるメッセージ性に惹かれます。

さてこのマンガ。
何ごとにも大切なのが初期設定。こんなくだりから始まります。

 
 地球上の誰かがふと思った

 『人間の数が半分になったら
  いくつの森が焼かれずにすむだろうか…』

 

 地球上の誰かがふと思った

 『人間の数が100分の1になったら
  たれ流される毒も100分の1になるだろうか…』

 
 誰かが ふと思った 
 『生物(みんな)の未来を守らねば・・・・・・・・・・・・・・・』

 
 

こんな意思によって地球にもたらされたのが寄生獣。
人間に寄生して脳を侵し、頭が自在に変形して大きな口になり人を丸ごと食べてしまう凶暴な生き物です。ふだんは普通の人を装いながら人間社会に潜伏し、時に人を食し、人を理解したりといった、様々な登場人物との人間模様を繰り広げるストーリーです。

どうやらこの生命体は『生物(みんな)の未来』を守るためには人間を食べてしまった方が良いという意思があるらしい。

このマンガをきっかけにいろいろ考えさせられました。

たまたま今日目にしたネットワーク地球村が発行している「地球村通信12月号」に、「動物と戦争」というテーマで次のことをが紹介されています。
まるで人間は愚かモノで、寄生獣の考えはもっともだと思えるような内容です。

 

動物と戦争1

動物と戦争2

 
 

人は寄生獣が思うほど堕落してしまったのでしょうか。

人は自由意思を与えられ 創造力を手に入れました。
ということは、天国も地獄もつくれる存在です。

しかし人間は、数々の戦争や闘争、環境破壊や生物種の絶滅を続け、その結果ますます生きにくいストレス社会を自ら作り続けています。

寄生獣をこの世にはびこらせるような社会、人間に堕落したくないですね。
その為にも今、一人ひとりの生き方が問われている時代なのだと思います。

寄生獣は、そんなメッセージを現代社会に伝えるマンガなのかもしれませんね。

いつもありがとうございます。

更新情報

記事の更新を通知する

上記アイコンをクリックするだけで、ブログが更新されたとき、お知らせが届きます。RSSの登録手順については、以下のサイトに詳しく紹介されています。ご参考になさってください。

Profile

青木敬司
青木 敬司 (あおき けいじ)

カムナ・プランニング 代表
コンサルティング(スムージング経営)
ビジネスキャタリスト

WEB:http://kamuna-p.jp/
ブログ:http://kamuna-p.jp/blog/

Calendar

2016年1月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2015年12月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2015年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
このページのトップへ

毎日の暮らしにわくわくをプラス! カムナプロダクツはこちら♪ »