2018.06.07コスタリカの奇跡 積極的平和国家のつくり方

コスタリカの奇跡 積極的平和国家のつくり方

こんにちは。
先日、久しぶりに横浜で映画を見てきました。
その映画を通していろいろと考えさせられたのでご紹介したいと思います。

 

こちらです。

 

コスタリカの奇跡  
積極的平和国家のつくり方
https://www.cinemo.info/movie_detail.html?ck=48

 

1948年に軍隊を廃止し、軍事予算を社会福祉に充て
国民の幸福度を最大化する道を選んだ
コスタリカの奇跡に迫ったドキュメンタリー

 

 

これは2016年につくられた映画。
監督は、マシュー・エディー、マイケル・ドレリング。

中米にこんな偉業を成し遂げた国があるとは知りませんでしたから、映画を見ている間、驚きの連続でした。

 

冷戦の真っただ中に、中米という微妙な地域に存在する小国が、軍隊を解体して自らの生きる道を定め、それを貫き、平和国家を実現し、国民の幸福度世界一を成し遂げてしまうとは…。

常識ではありえないことですよね~。

 

1948年に軍隊の撤廃を宣言したホセ・フィゲーレス・フェレールは、「兵士よりも多くの教師を」というスローガンを掲げ、軍事予算を0にして、その分を教育と医療に回し、安心して暮らせる社会づくりに取り組みました。

 

『丸腰国家―軍隊を放棄したコスタリカの平和戦略― 』の著者 足立力也さんは、次のようにコメントをされています。

 

「20世紀半ば、ホセ・フィゲーレス・フェレールが非武装を「制度化」した。 その後継者たちは、教育や医療、福祉を充実させることで、非武装を「文化」にまで昇華させた。 21世紀の現在、彼らは環境問題に取り組むことで、その文化をさらに発展させようとしている。」

 

コスタリカの政策はますます進化していて、今は環境問題に全力投球しているようです。

 

GDPでは計れない国の価値ってありますよね。

コスタリカはそんな側面を世界に発信している貴重な国です。

 

ところで注目されている国民の幸福度ですが、2016年にイギリスのシンクタンク、ニューエコノミクス財団が発表した「地球幸福度指数(Happy Planet Index)」によると、1位は3年連続でコスタリカ。日本は58位、幸福度の高いことでブータンは56位まで下がったようです。

ちなみに、アメリカは108位、ロシアは116位、イギリスは34位、中国は72位、だそうです。

経済が発展するほど世知辛い世の中になるということでしょうか…。

 

 

映画の中でコスタリカの国民がインタビューを受けていましたが、皆さん本当に陽気で平和的。
街では喧嘩している姿を見かけることはあるそうですが、そんな時にも相手を敬称で呼ぶらしいですよ(笑)

 

 

この映画を紹介したHPに予告編の動画がありました。

1分34秒と短いので、ぜひご覧ください。

 

 

戦争に参加するのではなく
紛争を平和的に解決するのです

 

国にはビジョンが必要
同じ理想に向かい
協力することが大切です

 

世界の10億人が
きれいな水を飲めません
軍事費のうち
わずかでもあれば
世界中の人に
飲み水を届けられます

 

という言葉が印象的でした。

 

 

いま日本では憲法9条を見直そうという議論がありますが、護憲、改憲、それぞれの立場を超えて、偉業を成し遂げたコスタリカの奇跡に耳を傾けることも大事ではないでしょうか。

右とか左とかを超えた視点が無ければ、これ以上社会を進化させるのは難しいかもしれません。

過去の延長で考えるだけでは限界がありますから、ありたい未来から今を逆算するバックトゥナウ思考で現状突破するよい機会になればと思います。

上映している映画館は少ないようですが、ぜひ、機会があればご覧ください。

 

そして、コスタリカの奇跡を見て、ご自分なりの想いをいろいろと巡らせてみてくださいね。

 

 

最後に、ピーター・バラカンさんのメッセージを転載します。

 

1953年、アメリカのアイゼンハワー大統領(当時)は、軍産複合体を批判する有名な演説「鉄の十字架」別名「平和に機会を」で「世界は別の道を選ぶことはできないのだろうか?」と問いかけた。今日のコスタリカに、その「別の道」を見いだすことができる。

コスタリカは1948年に常備軍を撤廃。1949年には憲法にも規定された。以来、軍隊に頼らず、条約や国際法、そして国際機関との関係を強化しながら国際的な関係性の中で独自の安全保障体制を構築していった。

莫大な予算が必要となる軍事費の支払いから開放されたコスタリカは、この予算をよりよい教育や国民皆保険制度の実現のために振り分けてきた。1948年12月1日に軍隊廃止を宣言したホセ・フィゲーレス・フェレールの「兵士よりも多くの教師を」というスローガンは有名だ。

このように、コスタリカは国際的な連帯や国際法を基にした平和国家建設への道を決断し、70年近く常備軍を持つことなく平和を維持し、繁栄してきたのだ。本作は、コスタリカを根底から揺るがした1948年の内戦の頃から軍隊廃止までの道筋を紹介する。コスタリカはこれまでの数十年で幾つかの重大な危機を乗り越えてきた。しかし、現在直面する危機が最も手強いものかもしれない。

「20世紀半ば、ホセ・フィゲーレス・フェレールが非武装を「制度化」した。
その後継者たちは、教育や医療、福祉を充実させることで、非武装を「文化」
にまで昇華させた。
21世紀の現在、彼らは環境問題に取り組むことで、その文化をさらに発展させようとしている。」
- 足立力也(『丸腰国家―軍隊を放棄したコスタリカの平和戦略― 』著者)

「改憲をめぐって自衛隊の存在が論じられている今こそ、70年前に軍隊を解体したコスタリカの画期的な取り組みから学ぶべきことが大いにあります。日本の全国民にぜひ見て欲しい貴重なドキュメンタリーです。」
ー ピーター・バラカン(ブロードキャスター)

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

 

 

TOPIC

私が企画・編集を担当した書籍「宇宙の響きで生きる」が大人気です!
話題沸騰中のゼロ磁場グッズ「テラファイト」の驚きの事実に迫った本ですが、商品はさておき、「ゼロ磁場」「7.8Hz」といったキーワードに興味のある方には、ぜひお読みいただきたいです。

詳しくはこちらをどうぞ。  宇宙の響きで生きる  「ゼロ磁場発生装置」の神秘

 

安眠・疲労回復・精神安定、ストレスケア、アンチエイジング、運気アップまでもサポートする安眠サプリ「エンジェルナイト」のページができました!まるでPPAPのように、からだ(眠り)とメンタルをウンッ!と一緒に元気にしてくれます たかが睡眠されど睡眠。睡眠の質は人生を決めるほど重要なんですよ!
<販売店募集中です!>
BLOG エンジェルナイトが新登場! 睡眠の質が日中の元気と人生を決める
SHOP http://kamuna.shop-pro.jp/?pid=115721987

      http://urx3.nu/CSSH (Amazon

 

new!ササッとふりかけるだけで食べ物は美味しく、おなかは快腸
お肌もあたまもいきいきしてくる超優れもの「くま笹珪素」が新登場です!
日本の薬膳文化に伝わる加薬(かやく)の知恵をぜひ食卓に
<販売店募集中です!>
BLOG】 くま笹珪素が新登場! ふりかけるだけで食もカラダも瞬間クリーニング!
SHOP http://kamuna.shop-pro.jp/?pid=121953915
      http://ur0.link/FNr9 (Amazon

更新情報

記事の更新を通知する

上記アイコンをクリックするだけで、ブログが更新されたとき、お知らせが届きます。RSSの登録手順については、以下のサイトに詳しく紹介されています。ご参考になさってください。

Profile

青木敬司
青木 敬司 (あおき けいじ)

カムナ・プランニング 代表
コンサルティング(スムージング経営)
ビジネスキャタリスト

WEB:http://kamuna-p.jp/
ブログ:http://kamuna-p.jp/blog/

Recent Entries

RSS

Calendar

2018年6月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2018年5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
このページのトップへ

毎日の暮らしにわくわくをプラス! カムナプロダクツのお店はこちら♪ »