2019.01.13ぼけますから、よろしくお願いします。

ぼけますから、よろしくお願いします。

こんにちは。
今日は最近見たドキュメンタリー映画のお話です。

 

映画のタイトルはこちら。

 

 

ぼけますから、よろしくお願いします。

 

 

ぼけますチラシ表面

 

 

認知症の母と耳の遠い父が、助け合いながら生きる日常を、ありのままカメラに収めたドキュメンタリー映画です。

 

 監督は、このお二人の一人娘の信友直子さん。

ノンフィクションの番組づくりで多くの実績をあげてきたテレビディレクターです。

 

 

ディレクター魂なのでしょうか。

ある時、ふと両親を映像に残そうとビデオカメラを回しはじめたそうです。

 

確かに手ぶれの多い映像も多くあり、いかにもプライベート映像って雰囲気です。

 

 

やがて、ある異変に気づきます…

 

 

そう、母親のアルツハイマー型痴呆症が始まってしまうのです。

 

 

大好きで尊敬の対象でもあった母親が、目の前でぼけていく…

 

カメラを回しながらも大きな葛藤があったに違いありません。

 

さんざん悩んだあげく、両親への愛とテレビディレクター魂とが融合し、この誰もが遭遇しうる現実を撮り続けることこそ使命だ!と一大決心します。

 

 

映像には、監督本人が乳がんになって、乳房の切除手術を受ける場面や、抗がん剤で髪が抜けていく姿、そしてそれを励ます元気なころの母の姿なども収められています。

 

多くの認知症患を抱える社会への問題提起だけでなく、親子やパートナーを思う愛情、やさしさと厳しさなど、さまざまな愛のかたちを見せてくれます。

 

 

母、87歳、認知症。

父、95歳、初めての家事。

 

 
超老々介護のお二人のステキな姿をぜひ見ていただきたいと思います。
(映画の公開日には、父98歳、母89歳だそうです)

 

そしてこの誰もが遭遇しうる姿を通して、家族について、自分自身について、生き方について考える機会にしていただければ思います。

 

 

映画を見た後に購入したパンフレットに、映画製作の経緯について次のように書かれています。

 

 

(中略)

認知症の母と耳の遠い父の老々介護は、当然だが一筋縄ではいかない。それなのに、他人に頼りたくないと、介護サービスを受けることを拒む母親。母の状態は徐々に悪化し、「私はバカになった」と自分を卑下し、ふさぎ込むことも多くなった。「どうしたらいいんかね」と泣く母にカメラを向けながら、「私」は乳がんの時に母がやさしく支えてくれた姿を思い出し、涙が止まらなくなる…。

 

(中略)
病気であることを突きつけられ苦悩する母、95歳で初めてリンゴの皮をむく父…。認知症の患者を抱えた家族の日々を、娘である「私」の視点から丹念に描き、どの家族にも起こりうる普遍的な問題としてとらえたドキュメンタリー。2016年9月にフジテレビ/関西テレビ「Mr.サンデー」で2週にわたり特集され、大反響を呼んだ。その後、継続取材を行い、2017年10月にBSフジで放送されると、視聴者から再放送の希望が殺到した。本作は、その番組をもとに、追加取材と再編集を行った完全版である。娘として手をさしのべつつも、制作者としてのまざしを愛する両親に向けた意欲作である。

 

 

監督の信友直子さんは、この映画を制作して気づいたそうです。

 

 

カメラを向けて初めて気づいた。

両親がお互いを思い合っているということ。

 

 

それまでは、大して仲が良かったとは言えない両親だったそうですが、今では娘でも入り込めないほどの絆が生まれているそうです。

 

私も映画を見ていて本当に美しいと思ったのは、このような境遇を迎えた老夫婦が互いに、今日という一日を精一杯生きている姿。

人は、老若男女を問わず、病気の有無にかかわらず、今日という、そして今という一瞬一瞬を全力で生きる姿が最も美しいのではないかと考えさせられました。

 

一人ひとりの懸命に生きる姿を包み隠さず収めた、1200日の記録をぜひ劇場でご覧いただきたいと思います。

 

 

映画について、劇場については、こちらのHPからチェックしてください。

 

 

 

ぼけますHP

 

ぼけますから、よろしくお願いします。 (公式HP)
http://www.bokemasu.com/

 

 

 

最後に推薦者の言葉をいくつかご紹介しますね。

 

 

壊れていく母、その母を一人で支えると決める父。 
それぞれの心の動きは決して老いていない。 
ぼけてなお、母はずっと母であり、弱ってなお、父はずっと夫なのである。
阿川佐和子(作家・エッセイスト) 

 

認知症の妻と90歳を超えた夫との日々の生活を
追い続けたドキュメンタリー映画、
なぜかそこには悲壮感、悲哀感はない。 
幸せな老夫婦の姿だけが印象に残った心打たれる真実のドラマ。 
今井幸充(認知症専門病院 和光病院院長) 

 

長寿の哀しみと喜びが両方、画面からどっと溢れ出る。 
映像で綴られた老人文学であり、家族文学…… 
監督の臓物の如き究極の私小説を眼前に突きつけられた。
中瀬ゆかり(編集者 コメンテーター)

 

親が子を思う愛。子が親を思う愛。
すべてを受け入れるという何より難しく何より美しいもの。
そんな映画を見れた私はなんて幸せなんだ。
本当に本当に、私、涙が止まらなかった。 
長与千種(マーベラスプロレス代表)

 

ぼけていく人に罪の意識を持たせてはいけない。
長い時間、たくさん頑張って生きてきた人の包み込み方を、
そして人間が人生のどこで本当の優しさを発揮できるのかを、
私はこのドキュメンタリーで学んだ。
ヤマザキマリ(漫画家)

 

 

 

あー、こんなにステキな映画に出合えてよかった♪

ご興味のある方、何かしらピンときた方は、ぜひご覧くださいね!

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

 

 

【TOPIC】


「響奏鍋」が在庫限りで販売終了になります。
響奏鍋は、電子レンジの電磁波を熱と高波動なエネルギーに変換して遠赤外線調理を実現した電子レンジ専用の調理鍋。電子レンジ調理の欠点と言われる食材のダメージや素材のパサつき、食味の低下、といった諸問題をクリアしています。誰でも簡単に電子レンジでの時短&高波動熟成調理ができるようになりました♪
※鍋の製造が難しく今後の生産を断念することになりました。在庫限りにて販売終了とさせていただきます。ご入用の方はお早めにお申し込みください。
 響奏鍋レシピはこちら… 響モモのキッチン https://cookpad.com/kitchen/17245070
 響奏鍋ブログはこちら(チーズリゾット編)
http://kamuna-p.jp/blog/2017120800/1.shtml
 Amazonでも購入できます♪ http://ur0.work/ISUe

new!ササッとふりかけるだけで食べ物は美味しく、おなかは快腸♪
お肌もあたまもいきいきしてくる超優れもの「くま笹珪素」が新登場です!
日本の薬膳文化に伝わる加薬(かやく)の知恵をぜひ食卓に☆
<販売店募集中です!>
【BLOG】
くま笹珪素が新登場! ふりかけるだけで食もカラダも瞬間クリーニング!
【SHOP】 http://ur0.link/FNr9 (Amazon)

安眠・疲労回復・精神安定、ストレスケア、アンチエイジング、運気アップまでもサポートする安眠サプリ「エンジェルナイト」のページができました!まるでPPAPのように、からだ(眠り)とメンタルをウンッ!と一緒に元気にしてくれます♪ たかが睡眠されど睡眠。睡眠の質は人生を決めるほど重要なんですよ!
<販売店募集中です!>
【BLOG】
エンジェルナイトが新登場! 睡眠の質が日中の元気と人生を決める
【SHOP】 http://urx3.nu/CSSH

更新情報

記事の更新を通知する

上記アイコンをクリックするだけで、ブログが更新されたとき、お知らせが届きます。RSSの登録手順については、以下のサイトに詳しく紹介されています。ご参考になさってください。

Profile

青木敬司
青木 敬司 (あおき けいじ)

カムナ・プランニング 代表
コンサルティング(スムージング経営)
ビジネスキャタリスト

WEB:http://kamuna-p.jp/
ブログ:http://kamuna-p.jp/blog/

Calendar

2019年2月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728
2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
このページのトップへ

毎日の暮らしにわくわくをプラス! カムナプロダクツはこちら♪ »