2016.02.22「空想教室」 好奇心を“天職”に変える

「空想教室」 好奇心を“天職”に変える

こんにちは。
今日はステキな本をご紹介します。

本のタイトルは、
「空想教室」 好奇心を“天職”に変える です。

著書は、植松電機の専務取締役 植松努さん。
北海道にある20人ほどの町工場で政府や企業から援助してもらうことなく、自前で自家製ロケットや人工衛星の開発を行って打ち上げ、実用化している企業の経営者です。
植松電機は、世の中にないものを一から作り出してしまうチャレンジ精神旺盛な企業。なんと世界で3台しかない無重力を再現する装置を自らの手で作ってしまうのですから驚きです。

この本は、大人の私たちが見失いつつある夢をもう一度思い起こさせ、新たな一歩を踏み出す勇気を与えてくれると思います。会社経営をする立場の人はもちろん、会社勤めをする人や家庭を守る奥様、未来に夢見る子供たちまで、あらゆる世代の人に読んでいただきたいと思います。

本の帯には次のように書かれています。

 
 
忘れかけていた夢がとめどなくあふれてくる。
小さな町工場から自家製ロケットを打ち上げ、
宇宙開発の常識を逆転。
日本一の空想経営者が見つけた
“どんな夢も実現させる方法”

 

詳しくは本を読んでいただきたいのですが、著者の植松さんのお人柄と大きな志の伺えるくだりをご紹介したいと思います。

 
どうぞ。

 
 

 ぼくたちはたった一回の人生をぶっつけ本番で生きています。
 なんのために生まれてきたのでしょうか。人のいうことを聞くために、あきらめるために、「おれの人生しょせんこんなものか」と思わされるために、ショツカーにされるために生まれたのでしょうか。
 違いますね。
 ぼくたちは知恵と工夫で、世界を救うために生まれてきました。
 世界を救うのは簡単です。
 世界を構成するすべての人間が、「自分なんて」と思わなくなればいい。
 「自分なんて」と思わないために、誰もが「できない理由」を探すことなく、「できる理由」だけを考えるようになればいい。
 たったそれだけで世界は、あっという間に良くなります。
 これから先、ロボットのおかげで仕事は減っていくけれど大丈夫。仕事がなければ、新しい仕事を作ればいいだけの話です。新しい仕事は、身のまわりにある悲しみや苦しみや不便から生まれます。悲しみや苦しみを解決しようとする、みなさんの自信とやさしさが、新しい仕事を生み出します。
 もっともっと自信とやさしさを持つために、これからも「やったことがないこと」をやり続けてください。
 人生は雇われるだけじゃない、自分から「やったことがないこと」をはじめるのはありなんです。
 過去は変えられませんが、未来は今からいくらでも良くなります。
 これからみなさんと一緒にいい未来を作っていきたいと思います。

 人が「こうしたい」といったときに、それが「できない理由」を教える人がいます。否定する人がいます。評論する人がいます。
 みなさんの大切な夢が、そういう人たちの言葉に負けないように、「だったらこうしてみたら」という言葉を使ってあげてください。
 「こないだテレビで紹介されていたよ」とか「たしか本屋にそんな本があったかも」と声をかけてあげたら、きっと元気になってくれます。
 ”やりたいこと”を話しにくいのは、否定されたり、笑われたりするからです。
 でもみんながお互いに「だったらこうしてみたら」と応援したら、みんな安心して”やりたいこと”を話したくなるじやないですか。それだけで全員の夢が叶うのです。すばらしいことですよね。
 自分からすすんで「だったらこうしてみたら」という言葉を使ってみてください。そうすればいつかきっと、身の回りからいじめも暴力もなくなります。
 みなさんの力を貸してほしいのです。もちろんぼくもがんばります。

 
 

この本には植松さんの生き様が赤裸々に書かれています。それ故、一度きりの人生をイキイキと輝いて生きるヒントが随所にちりばめられています。

これからの時代は、一人ひとりが天職を見つけて、子供のころの純粋な思いで生きることが大切になると思います。そんな生き方をする人が増えるだけで、今の社会の多くの行き詰まりは解消してしまうように感じます。

一人ひとりがあるべき姿に戻って、自分本来の生き方を始めることが何よりも大切だと思う今日この頃です。

いつもありがとうございます。

更新情報

記事の更新を通知する

上記アイコンをクリックするだけで、ブログが更新されたとき、お知らせが届きます。RSSの登録手順については、以下のサイトに詳しく紹介されています。ご参考になさってください。

Profile

青木敬司
青木 敬司 (あおき けいじ)

カムナ・プランニング 代表
コンサルティング(スムージング経営)
ビジネスキャタリスト

WEB:http://kamuna-p.jp/
ブログ:http://kamuna-p.jp/blog/

Calendar

2016年3月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2016年2月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829
2016年1月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
このページのトップへ

毎日の暮らしにわくわくをプラス! カムナプロダクツはこちら♪ »