2020.07.16「コロナ騒ぎで医学の無力さ」思い知る 帯津良一先生インタビュー

「コロナ騒ぎで医学の無力さ」思い知る 帯津良一先生インタビュー

こんにちは。

今日は、新型コロナ騒動について、ホリスティック医学の第一人者でおられる医学博士、帯津良一先生の記事を紹介したいと思います。

帯津先生は、御年84歳でありながら、がん患者さんと正面から向き合う、現役の医師でおられます。

先日、たまたま見つけた記事を読んで、専門分野を極めた先生は、さらにその先の在り方に向けて、ニュートラルな視点で追究されるのだなぁと深く感銘を受けました。

とても素晴らしい記事ですので紹介したいと思います。

 

 

さっそくどうぞ。

 

 

まずは、帯津先生のプロフィールから。

 

 

帯津良一先生プロフィール

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など著書多数。本誌連載をまとめた「ボケないヒント」(祥伝社黄金文庫)が発売中

 

 

 

続いて本文。

 

この記事は、AERA dot. https://dot.asahi.com/ に掲載されています。

 

 

 

「コロナ騒ぎで医学の無力さ」思い知る 
 帯津医師「西洋医学の限界」を説く

 

連載「ナイス・エイジングのすすめ」
https://dot.asahi.com/wa/2020071000013.html?page=1

 

 

 西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「医学の無力さ」。

 

【発展途上】ポイント

(1)コロナ騒ぎで医学の無力さを思い知らされた

(2)人間の尊厳を引き裂くような治療法が存在する

(3)西洋医学はまだまだ発展途上にある

 

 

 今回のコロナ騒ぎでは、医学の無力さを思い知らされました。確かに医学は患者さんの重症化をくい止め、死者を減らすことに貢献したかもしれません。しかし、それ以前に甚大な経済的損失を社会に与えざるを得なかったことを考えると、ウイルスに対して力が及ばなかったと言わざるを得ません。

 死者を減らすことはできても、社会を守ることはできなかったのです。本来、西洋医学が得意とする感染症の分野でこの有り様ですから、残念な限りです。

 ただ、医学の力はその程度なのだと知ることも大事なのかもしれません。現在の医学の主流である西洋医学は目覚ましい発展をしているように見えて、実はそれほどでもないのです。

 私が提唱するホリスティック医学では、人間を三つの要素でとらえます。体(BODY)、心(MIND)、命(SPIRIT)です。体と心はわかりやすいと思います。命は生命力の根源のようなものです。

『癒す心、治る力』の著者として知られる統合医療の第一人者、アンドルー・ワイル博士は、現在の西洋医学について「体についてはそれなりの成果をあげているが、心についてはリップサービス程度、命に関してはまったくの手つかずだ」と語っています。まさにその通りだと思います。

 体については、確かに医学の進歩とともに多くのことがわかってきました。すべての臓器の機能が明らかにされ、損傷の程度が数値化されることで、治療効果が評価できるようになりました。それによって、客観的で再現性のある治療ができるようになったのです。

 治療薬についても、より合理的に病状に合わせて適量を用いることができます。けれども、その薬剤のほとんどは化学合成品であるだけに、副作用が少なからずあらわれます。

 私が専門とするがんの分野では、抗がん剤の副作用に辟易(へきえき)とします。もとより、抗がん剤はがん細胞とともに正常細胞も攻撃してしまうものですから、副作用が前提なのです。嘔吐(おうと)のために食べる楽しみを奪われる、頭髪が抜ける、肌がかさかさになる、倦怠感(けんたいかん)にさいなまれるなどします。

 私は長年、医療に携わってきて「医療とは、患者さんがたとえ病の中にあろうとも、人間としての尊厳を保ち続けるのをサポートするのが本分。治したり癒やしたりするのは方便にすぎない」と考えるようになりました。しかし西洋医学には、いまだに人間としての尊厳を引き裂くような治療法が存在しているのです。

 外科手術もそうです。最近は安全性が高まりましたが、いくら治療のためとはいえ、全身を切り刻むのはいかがなものでしょうか。私も昔は外科医で、それに全力を傾けていたのですが……。

 抗がん剤にしろ、外科手術にしろ、ずいぶん乱暴な治療法で、いつかは廃れるべきものだと思います。進歩しているように見えて西洋医学はまだまだ発展途上なのです。それを踏まえた上で、適切な治療法を選んでいくことが大切です。

※週刊朝日  2020年7月17日号

 

 

 

「抗がん剤にしろ、外科手術にしろ、ずいぶん乱暴な治療法で、いつかは廃れるべきもの」

このセリフは、人生経験の豊富な大御所でなければ言えないことですね。

 

医療の世界では「死は敗北」として、それを乗り越えるための治療法が進化したのはとても有難いことですが、尊厳を保てない人生を思うと、その選択は本当に望むべきものなのかと考えさせられます。

 

新しい治療薬や治療法によって人の尊厳を保つ医療へ進化することは万人が望むことと思いますが、まずは、それらに頼らなくても良い人生をおくることを心掛けたいものです。

 

日本人の平均寿命は、男性81歳、女性87歳と伸びました。その反面、日常生活に制限のない健康寿命との差は、男性8年、女性12年という現実。

長く生きることを善とするだけでなく、一人ひとりの生き方に応じた死生観や生命観について考える時期を迎えているのかも知れません。

 

 

 

いつもありがとうございます。

 

 

 

【TOPIC】

人には爽やかで心地よく感じ、蚊や虫は嫌がる天然の香気成分を用いた香りのスプレー「スカイフレッシュ」。植物の「害虫から身を守る成分」が、蚊やハエ、ダニなどを忌避します。アルコール成分による除菌や、蚊を媒介とする感染症予防にもおすすめ。澄みきった青空を連想させる爽やかな香りは、スプレーするたびに気分をリフレッシュさせてくれます♪
スカイフレッシュの3D HADO-ARTプレゼント実施中です!(6/25~8/31まで)
【BLOG】
スカイフレッシュが大人気!
http://kamuna-p.jp/blog/2016070800/1.shtml
【SHOP】http://urx2.nu/Lolt (amazon)


安眠・疲労回復・精神安定、ストレスケア、アンチエイジング、運気アップまでもサポートする安眠サプリ「エンジェルナイト」!寝ている間にからだとメンタルを一緒に元気にしてくれます♪睡眠の質は人生の質を決めると言ってよいほど重要です!食品原料だけで作られたていますので老若男女問わずおすすめです♪ <臨床試験実施済み>
【BLOG】
エンジェルナイトが新登場! 睡眠の質が日中の元気と人生を決める
http://kamuna-p.jp/blog/2017041400/1.shtml
【SHOP】 http://urx3.nu/CSSH (amazon)


ササッとふりかけるだけで食べ物は美味しく、おなかは快腸♪ お肌もあたまもイキイキしてくる植物由来の発酵珪素「くま笹珪素」。珪素はあらゆる存在にとって必要不可欠なミネラルです。日本の薬膳文化の知恵「加薬(かやく)」を現代風に復活させました。先人と現代人の知恵とが融合して生まれた知恵の結晶をぜひ食卓に☆
【BLOG】
くま笹珪素が新登場! ふりかけるだけで食もカラダも瞬間クリーニング!
http://kamuna-p.jp/blog/2017100500/1.shtml
【SHOP】 http://ur0.link/FNr9 (amazon)

更新情報

記事の更新を通知する

上記アイコンをクリックするだけで、ブログが更新されたとき、お知らせが届きます。RSSの登録手順については、以下のサイトに詳しく紹介されています。ご参考になさってください。

Profile

青木 敬司
青木 敬司 (あおき けいじ)

カムナ・プランニング 代表
コンサルティング(スムージング経営)
ビジネスキャタリスト

WEB:http://kamuna-p.jp/
ブログ:http://kamuna-p.jp/blog/

カムナプロダクツ https://amzn.to/2HaYUOC (amazon)

Calendar

2020年8月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2020年7月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2020年6月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
このページのトップへ

毎日の暮らしにワクワクと感動をプラス! カムナプロダクツはこちらから »