2016.09.07「褒める」と「感動を伝える」の使い分け ~指導レベルを終えた社員を育成する方法~

「褒める」と「感動を伝える」の使い分け ~指導レベルを終えた社員を育成する方法~

こんにちは。

今日は秋山ジョー賢司さんという方のメルマガをご紹介します。

テーマは「褒める」と「感動を伝える」の使い分け。

スタッフを抱えるリーダーや、子を持つ親御さんなど、様々な立場の方に深い気づきを与えてくれるメッセージです。とても分かりやすく、ユーモアたっぷりなのでぜひ読んでくださいね。

ちなみに秋山さんとは面識は有りませんが、秋山さんのことをプロデュースしている人気コンサルタントの方を通じて情報をいただいています。

何はともあれ、多くの方に読んでいただきたい内容です。 

 

早速どうぞ。
 
 
 
  
『指導レベルを終えた社員を育成する方法』~経営者のマインドセットの秘密 Vol.61~
(2016/9/7 配信)
 
 
 
エグゼクティブ コーチング トレーナーの
秋山 ジョー 賢司です。
 
 
今回は、
【指導レベルを終えた社員を育成する方法】
というテーマでお話ししたいと思います。
 
 
前回は、
「褒める」とは、実は「指導」である。とお伝えしました。
 
※『vol.60 褒めたら育つの?』』
http://jujube-ex.jp/Ldr327/1651
 
(つまり「調教」ってことでしたね)
 
その言い方、気に入ってますよね(笑)
 
 
指導は、
指導者の想定内に相手が到達することを
ゴールにしているので、
「褒める=評価」が大変機能します。
 
 
(指導レベルを超えた社員には、
 どうすればいいですか?)
 
 
「どうすればいい?」という言葉が
出てきた時にすることはなんでしたっけ?
 
 
(あっ、そうだ!
「どうなりたい?」に変えるのでしたね)
 
 
はい。
その社員にはどうなって欲しいですか?
 
 
(えっと、もっと私の想像を超えて、
 成長して行って欲しいですね)
 
 
そうですよね。
それは、「自己開発レベル」です。
 
 
(自己開発レベル?)
 
 
社員が、
自ら「自分を開発させていこうとする」
というレベルです。
 
 
(それは重要ですよね!)
 
 
(その場合、「褒める」のではなく、
 何をすればいいのですか?)
 
 
感動を伝えます。
 
 
(???)
 
 
感動を伝えるとは、評価ではなく
自分の中に起きた感覚を伝えるのです。
 
 
おーっ!
凄いね~。
素敵だね~。
素晴らしいね~。
なるほどね~。
面白いアイディアだな~。
などです。
 
 
(これって褒めると違うのですか?)
 
  
違います。
褒めるは、上からの評価です。
 
それでいいんだよ!
上手だね~!
よくやったな。
がんばったぞ。
 
というニュアンスです。
 
 
(なんか微妙ですね)
 
 
微妙に聞こえるかもしれませんが、
このメルマガの読者の方には
この差異はしっかり感じて欲しいところです。
 
 
なぜなら、「褒める」と「感動を伝える」では、
相手に与える“影響の深さ”が
変わってくるからです。
  
 
(影響の深さ?)
 
 
そうです。
 
人は“褒められる”と、
「相手の要求通りにできた」
「間違っていなかった」
という安心感が生まれます。
 
 
人は相手から“感動を聞く”と
力が湧き、本来の力を取り戻します。
 
 
(ちょっと難しいな~)
 
 
では、
試しにこの2つを自分が言われた時を
想像して感覚の違いを感じてみてください。
 
 
A:褒める

上手だね!
それだよ!よくやった!!
 
 
B:感想を伝える

ほーっ、素晴らしいね~。
これって本当に面白いアイディアだよな~。
 
 
どうですか?
 
 
(Aの方は、誰か(なにか)と比較して
 褒めてもらった感じ。でも、嬉しい。
 なので、相手に対して感謝したくなります)
 
 
(Bの方は、自分の特有の何かを見てもらった感じ。
 自分が誇らしいし、
 自分の力が湧く感じです)
 
 
そうですね。
 
 
(なぜこのような違いが生まれるのですか?)
 
 
“褒められる”とは「正解です」という
メッセージになるので、指導者に意識が向きます。
 
 
感動を伝えてもらうと、
私は、相手にそういう感動を与えるんだ!
と自分の内側に意識が向き、
自分特有の力を感じます。
 
 
という違いが生まれます。
 
 
そして、
自分の力が自分の中から湧いてくると、
「だとしたら、私は他にどんなことが
 できるのだろう?」
 
 
と、自分で自分の開発ポイント(のびしろ)
を探し始めるのです。
 
 
確かに微妙なニュアンスではありますが、
『稼ぐ社長』達は、社員の成熟度を見て、
「褒める」と「感動を伝える」を
巧みに使い分けるのです。
 
 
(そうなんですね。
 コツを教えてください!)
 
 
相手に意識を向けて、
「評価」するのが「褒める」。
 
 
自分の内側に意識を向けて
「感覚」を言うのが「感動を伝える」です。
 
 
■褒める
(あなたは)このアイディアよく考えついたね。
(あなたは)本当によく頑張ったね。
 
 
■感動を伝える
(私的には)このアイディアおもしろいよな~。
(私的には)いやー、これは素晴らしいな~。
 
 
(感動を伝える方が難しそうですね)
 
 
小さい時から、「褒める」ことをされてきたので、
そっちのほうが慣れているのです。
 
 
ラーメンを食べて、「おいしい!」
と思わず言っちゃうような感覚で使ってみてください。
 
 
(やってみます!)
 
 
*****************************************
  Joeの自分を極める言葉
*****************************************
 
評価を伝えるより
    感動を伝えろ!
  
      by Joe
 
 
あなたが何を感じたのか?
それを素直に伝える。
相手を評するより、
深いレベルに響きます。
 
なぜなら、
あなたの中に起きた真実だから。
  
===================================
 
■秋山ジョー賢司
http://jujube-ex.jp/Ldr327/2651   

 
  
 
いかがでしたか。
 
これからは各人が内発的動機でもって能力を発揮し、社会に貢献していく時代と思います。
 
自分の外から与えられた動機や評価という理由づけではなく、自らの内側から湧き上がるエネルギーを持って潜在する脳力を開花させる。こうすることで今までの努力では得られなかった能力や成果がいとも簡単に手に入るようになる。
  
企業の成長や人材育成に際し、この考え方はそのうち当たり前になると思います。

 
秋山さんの大切なメッセージが多くの方へ届きますように・・・

 

いつもありがとうございます。

更新情報

記事の更新を通知する

上記アイコンをクリックするだけで、ブログが更新されたとき、お知らせが届きます。RSSの登録手順については、以下のサイトに詳しく紹介されています。ご参考になさってください。

Profile

青木敬司
青木 敬司 (あおき けいじ)

カムナ・プランニング 代表
コンサルティング(スムージング経営)
ビジネスキャタリスト

WEB:http://kamuna-p.jp/
ブログ:http://kamuna-p.jp/blog/

Calendar

2016年10月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2016年9月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2016年8月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
このページのトップへ

毎日の暮らしにわくわくをプラス! カムナプロダクツはこちら♪ »