2016.01.27道徳なき経済、経済なき道徳・・・

道徳なき経済・・・

こんにちは。
昨日、永六輔さんの詩を紹介したら、ふと二宮尊徳さんの言葉を思い出しました。 二宮尊徳さんと言えば、江戸時代後期に活躍した農政家であり思想家。薪を担ぎながら読書をしているイメージが強いので、まるで「ミスター勤勉」のような存在です。小田原にある尊徳記念館や報徳二宮神社に行って生き様を学ばせていただいたことが懐かしく思います。

二宮尊徳さんの名言は多くありますが、その中でも印象深いものをご紹介したいと思います。

 
どうぞ。

 
 
「道徳なき経済は犯罪であり、経済なき道徳は寝言である」
 
 
 
昨日のブログの最後に書いた「そろばん片手に経を読む」がきっかけでこの言葉を思い出したようです。表現の違いこそあるものの、このような両極のバランス感覚はいつの時代も問われるのですね。
 
これからの会社経営はますますこの要素が大切になると思います。
 
経営という言葉を仏教的に解釈すると、「経」は真理を表し、「営」はいとなみであり、いそしみ務めることを意味します。
つまり経営とは、世の中の本質を探究し社会の進化発展に貢献する勤めと言えるのです。

その営みに対して得られるのは利益であり、仏教でいうご利益。
思うようにご利益が得られないのであれば、それはいそしみ務める方向性が違っているというメッセージと考えられるわけです。

二宮尊徳は経済と道徳のバランス感覚に優れた人だったのでしょうね。
だからこそ小田原藩士服部家の再建や下野国の農村復興に大きく貢献したのだと思います。
 
誰にも共通する人生における大切なバランス感覚がこの言葉に表されているように思います。
ものごとが成就しない時は、この言葉を思い出して再確認するのも良いですね。

いつもありがとうございます。

(画像は報徳博物館HPより)

更新情報

記事の更新を通知する

上記アイコンをクリックするだけで、ブログが更新されたとき、お知らせが届きます。RSSの登録手順については、以下のサイトに詳しく紹介されています。ご参考になさってください。

Profile

青木敬司
青木 敬司 (あおき けいじ)

カムナ・プランニング 代表
コンサルティング(スムージング経営)
ビジネスキャタリスト

WEB:http://kamuna-p.jp/
ブログ:http://kamuna-p.jp/blog/

Calendar

2016年2月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829
2016年1月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2015年12月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
このページのトップへ

毎日の暮らしにわくわくをプラス! カムナプロダクツはこちら♪ »